FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

職場体験学習

次女の通う中学校では、昨日から三日間、職場体験学習が始まりました。

近隣の各事業所での職場体験を通して、働くことの意義や職業に対する意識を高め、自分の進路や社会貢献、礼儀やマナーなどを学ぶ機会として、毎年中学二年生になると実施される行事です。

私の時代にはこういった学校行事はなかったです…

事前に生徒たちには体験したい職種をヒアリングするのですが、必ずしも希望する職種に就けるわけではありません。

因みに、次女は医療関係を希望したのですが、実際はスーパーマーケットに配属されました(^^;
商品の陳列や期限切れの商品の確認など、作業はとてもおもしろかったみたいです。

生徒たちには社会を知る良い経験になると思います。受け入れて頂いた事業所には感謝致します。

見に行きたかったな~


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  1. 学校のこと(PTAを含む)
  2. / comment:5
  3. [ edit ]

第一希望を叶えてほしい

かっちゃんと次女様

こんばんば

職場体験学習の様子はよくわかるつもりでいます。

また、医療関係が、希望が多くて?変更になったのだという学校側の都合が、納得できないまでも、
わかります。


でも、次女様が、

敢えて、第一希望に、医療関係を選んだという選択の気持ちの背景を組んでほしいなあと、

思います。

もし、私が担任なら、
次女さんの希望を特別扱いとするわけではなくて、
学年会を開いたり、

子どもたちに、この問題を返して、班に考えさせ、クラス討議をへて、考えさせます。

生徒自身が、

次女の医療選択希望を考えて、

「仕方がない」のではなく「深い意味がある職場選択希望の考慮」をして、
むしろ、みんなで推薦する位の、学級会を僕が担任なら、開きます。


私の、
児童生徒育ては、
「子どもの問題を子どもに返す」ということでした。
繰り上がりのある引き算や足し算でつまずく子どもの課題を毎日、班学習で解決していくのです。だから、地に足がついた意見を言う子が日に日に増えていきます。子ども達が実践していくからです。

学校側や行政側や、管理者側の、数字の都合だけでは推し量れないものがあると、

感じます。

大げさなようですけど、

それほど、
職場体験学習というものは、
大事だろうと

思います。

お父様として、PTA会長として、
複雑な立場だろうとは思いますが、

進路を切り拓く学習=進路保障
という人権教育実践は、実はそういう深い意味あいがあると思います。

そうであってもなくても、

いつも、
実は、

次女様は、

医療の発展に貢献している身でもあるし、闘っていると感じます。

私の教育実践では、
隣りの子どもの課題を班学習で受け止めていきますので、みるみる内に育っています。

大人がわが、解決できない問題を背負っているのです。ひとりひとりの希望を大事にするなどという抽象的な片付けごとになります。背負いきれない大人がわは、
仕方がないとと原則論や規律論に終始してしまいます。それが安易な道だからです。

私の理念や実践は、
ある管理職から言わせれば、矛盾と考えるひとがいるかもしれないのですが、命や医療や、反差別や人権問題に、切迫していないから、
踏み切れない
無責任な大人たちが多いのです。


それは、勿論、

他の職業の体験も身に成ります。でも、それは一般論でしょう。


実社会の就活においては、

なぜ、
この仕事を選び、
就職したいのか、志望の動機などが、本当の就活には出てきます。

そして、雇い主がわは、
なるほど、
真剣に、
他人事ではなく、

自分の天職として、志望してくれたんだなと、履歴書や志望動機のプレゼンで、
選ぶのが実社会です。

今や18歳選挙権といいながら、
誰も子ども自身の力を信じていません。

中学3年生の生徒たちは、実は、物凄く、力量を持っています。よいしょではありません。

今の大人たちが選んできた保守政権などの理屈や選挙演説のうそまことを簡単に見破ります。

長文になりました。
御免なさい。

次女さん、頑張って下さい。確かに九州の一角から、応援している元教師が居ます。
  1. 2016/07/02(土) 21:39:44 |
  2. URL |
  3. のんきな雲龍奔馬
  4. [ edit ]

次女様へ

かっちゃんと次女さま

続きです。

しつこいようで、すみません。

次女さまに、
夢を語りたいと思いいます。

①職場体験が医療希望から別になったことについて

 その医療体験などを本気で学習したいなら、やり方があります。
 実際の医療現場のひとを、知人を通じて、具体的に知り合い、
その仕事の素晴らしさや本当のつらさ、現状などを聴き取りしていく方法があります。

 中学校で予定された、職場体験学習などは短期間で済みますが、大体において、プラス面しか見せません。これが社会の現実です。具体的なチャレンジの方法があると思います。


②これが本音です。

次女様、

医療でいう、医者になってみたくありませんか?

医療なら、看護師や検査技師などではなく、ホンモノのドクターを目指してみませんか?

学力、点数、
関係ありません。(極論のように聞こえるかもしれませんが、聴いてください。)
それよりも、理念や心構えが大事なのです。

徳洲会病院の徳田虎雄さんという方の「命だけは平等だ」「飛鳥へ そしてまだ見ぬ子へ」等の本書籍が出ています。

もちろん、
彼は、東京都知事に賄賂を贈ったということでの責任問題で逮捕事件になった人です。でも、
あえて、彼が何故、医師を志したか、徳洲会病院という救急医療を全国に実際に作り、医療革命を本気で目指したからです。
最後のやり方は間違っていたと思いますが。

彼が医師を志して、命懸けで努力したものは、現在いる、医師たちよりも、立派に見上げたものがあります。

彼が、まだ若いころ、熊本に来て、講演会があり、懇親会があり、私は彼と、論争をしました。(私はその時点で、本は読破して、毎日、彼のカセットテープを聴いていました。)

でも、彼も私も本気だったので、ぶつかり合ったのです。
 彼は最後はにこっとして、がっちり握手をして別れました。私が本気なのかどうかを試したわけです。

私が言いたいことは、命のすだれを潜った次女さまだからこそ、医療を目指すなら、本気で医師になる道を考えてみる、体調や治療などで無理するなら、具体的な小成功体験を積み重ねていく、、(私の妻は、国立恵楓園病院の一病棟の副師長・看護師を長年やっています。
 
 日本では、看護師から、医療になる道がありませんが、アメリカなどではあります、ナースからドクター、優れたカウンセラーなどになれる現実が存在しています。日本においては、ナースは地位も給料も低いのです。尊い仕事とされていますが、8Kの仕事は、本当にしんどいのです。医師よりも優れた看護師が実はたくさん日本には居ますが、その道が閉ざされています。これって、差別ですよね。だから、間違った医師が増えたり、ドクターというだけで、ふんぞりかえる人が出てくるのです。

 私も実は医師を以前において志していました、50代後半になって、受けようと四苦八苦しましたが、例え、国立大学に合格点数を取ったとしても、年齢制限で、×なのです。これもおかしいと思います。少なくとも私は精神科医やアドバイス型のカウンセラーにはなれる自信と実力があります。徳田虎雄さんで、真向にぶつかり、努力の方法を知っているからです。

だから、すみません。が、
自分の想いだけで、
次女様に語っています。

 どうか、次女様の夢や進路が実現するように、具体的に応援しています。

 よかったら、保護者さまとご相談の上に、上記の書籍をアマゾンぐらいなら、格安の値段以上の価値があります。

 もちろん、

 この本と出会い、医者になった人は多いし、弁護士になった人もいっぱいいます。高校。大学。医学部受験などは実は要領なんです。元教師が言いますから、本音です。傾向と対策を掴めば、慶応大学合格や東大合格などはわけはないのです。ビリギャルの本は実話です。通知表オール1から、現実に教師になった先生が愛知県に居ます。

 子どもの夢を応援しながら、現実に、諦めさせることをいっている教育現場はいっぱいあります。教育現場が、夢を叶えさせる方法論を本当に知らないからです。


また、
長文になって、

御免なさい。

もう一度、言わせてください。

次女様、
 あなたがもし、本気なら、その本気の夢は必ず叶います。まだまだ、15歳です。夏です。やろうと想えば、どんな道や進路だってあります。
職場体験学習が小さく見えてきたでしょう。

また、他の仕事に就いたとしても、
この書籍は、あなたの人生を動かします。
もちろん、病気との格闘もです。
請け合います。

私は、嘘は言いません。多少大げさに聴こえるかも知れませんが、全然盛って話を作り上げてはいません。

 あなたのクラスの体育を1カ月半持たせてもらえば、水泳でいうと、全員が少なくとも、1500m以上、
中三ですから、3000m以上の綺麗なクロールを出来るようになります。

 私が担任してきたクラスは、全然無理させずに、出来てきました。鍛えるという意味ではありません。緊張からの解放で水泳は出来ます。全員テスト百点達成も実現します。

 次女様も、
 上記の書籍を読んで、本気で、きちんとした、目標設定をしたら、必ず、実現します。(南アを打ち破った奇跡のラグビージャパンのリーチマイケルは、「夢を目標にかえること」と言っています。)

勉強の偏差値が、本当に跳ね上がると思います。無理せず、楽しく勉強していきましょう。楽しさが大事なポイントです。

ではまた。
  1. 2016/07/02(土) 22:28:32 |
  2. URL |
  3. のんきな雲龍奔馬
  4. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/07/03(日) 20:28:10 |
  2. |
  3. [ edit ]

のんきな雲龍奔馬さん、こんにちは。

こんなにも次女の事を思って下さり有難うございます。
のんきな雲龍奔馬さんの教育方針であります「子どもの問題を子どもに返す」という理念は大変素晴らしいお考えだと思います。
勉強にしろ生活面にしろ、今は大人が入り込み過ぎだと感じています。勿論、教え諭すのは大人の役割ですが。それを考え実行するのは子どもたちだと思います。
知識を知恵に変え、自分たちの力で生きていく力を養っていくことが学校教育や家庭教育では重要だと考えております。

次女が将来、医療関係に進みたいと希望していることは、やはり実体験が起因となっていると思いますので、彼女の想いを大切にし、親としてどういう道筋を作って作ってやれるか、どういうアドバイスができるかを考えて行かないといけないと思っている所です。のんきな雲龍奔馬さまからご紹介頂きました書籍は私が興味を持ちましたので早速注文させて頂きました。

私もですが、次女も沢山の方々に見守られて来ました。
ブログを通じてのんきな雲龍奔馬さんにもお会いできましたことに感謝しております。これからもよろしくお願い致します。




  1. 2016/07/04(月) 00:22:49 |
  2. URL |
  3. T,かっちゃん
  4. [ edit ]

有難うございます。

T・かっちゃん様

価値観の押し売り的な意見をしたことを、
少し、

恥ずかしく思っていました。
真摯な大人な対応有難うございます。

幼気な子ども達を見ていると、

つい、
熱が入ったりしてきました。

次女様たちも、お父さんみたいな大人に囲まれて幸せだと思います。
子ども達に良い影響を与えられるおとなになりたいなといつも思っています。

こちらこそ、宜しくお願いします。

次女さんたちも
がんと闘うこどもたちも、自分の責任でもないし、家族の責任でもないし、
だからこそ、真の幸せや夢をこそ、掴んでほしいなと思っていて、想うだけではいかんので、色々な具体的な準備や進路保障や価値観や、生き方を提供出来ればと思います。

 私自身も再度、アマゾンに注文しなおして、読み直しています。
以前の書籍は、友達に貸したまま、その兄弟やらに独り歩きをして、返ってきませんでした。役に立ったのなら良いと思います。

では、また。
  1. 2016/07/05(火) 01:48:53 |
  2. URL |
  3. のんきな雲龍奔馬
  4. [ edit ]

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

T.かっちゃん

Author:T.かっちゃん
奥様と二人の娘(21歳15歳)の四人家族です。自営業の傍らPTAや地域活動に勤しむ40歳半ばのおやじ日記です。
次女が2009年に急性リンパ性白血病を発症、2014年に再発し、私がドナーとなり骨髄移植手術をしました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。